NOTICE

a0008_000171_m.jpg         

OPEN NOW るんるん  

電話受付中 わーい(嬉しい顔)   


心が不安だから、自信がないから、つい強気を装ってしまう。
そんな、自分を追い込む生き方は止めよう。
もっと素直に、ありのままの、あなたの人生を築くためのカウンセリング 

 

本気で人生を好転させたい人のみお受け致します。
お金を頂いてもお力になれない方はお断り致します。

 

一度に色々なことを相談したい方向け(対面カウンセリング) 次項有
あなただけの時間
3時間3万円


地方のお客様向け(電話カウンセリング) 次項有
1カ月5万円コース
総時間20時間(1日2時間として10日分)前払いでお受けします。
1カ月で使い切れない場合、翌月へ持越し可能。
総時間10時間2万5千円コースもあり。


良い人生は良い名前から 次項有
赤ちゃん名付け
30000円
前払いでお受け致します。
遠方でもメールのやりとりでOK。
お振込後、約5日お時間頂きます。


芸名・改名
30000円 プラス カウンセリング料4000円
こちらも前払いでお受け致します。
遠方でもメールのやりとりでOK。
お振込後、約5日お時間頂きます。

 

一般的な人生相談
電話カウンセリング90分3000円 後払いOK
対面カウンセリング90分4000円 電話・対面とも90分以降は30分毎に+1000円

振込口座:
三井住友銀行 調布駅前支店
普通 1153106
アンビシャス イワタヒロヨシ

 

仕事終わりに家から電話したくても家族がいて電話しにくい
40代、50代の方向けに次のプランを御用意いたしました。
愚痴聴きコース 3時間5000円
仕事終わりお酒でも飲みながらリラックスした状態でお話をお聞きします。
飲食代は御客様持ち。場所は御指定下さい。

 

今はお金を払って人に愚痴を言ったり相談する時代です。
感情を吐き出すだけで心がスッと軽くなります。揺れるハート
「共感と傾聴」のカウンセリングをお試しください。exclamation×2

何故、一緒にいても心が通じあわないのか?

積木

お互いに言葉の交換しかしていない


虚栄心の強い夫と心の触れあいを求めている妻とではなかなか話が通じない。
妻は手を伸ばしても手を伸ばしても夫に届かない。

その虚しさが妻にはある。もうやだ〜(悲しい顔)
虚栄心の強い夫は心の触れあいを求めるということが理解できない。

だから心が触れあっていないということからくる不満や虚しさを理解できない。
相手が心の触れあいを求めているということが理解できるくらいなら虚栄心はない。


このような人と結婚した人が相手に不満を持っても、なかなか相手にも
周囲にも説明しにくい。

心の触れあわない人と一緒にいて、心が通じあわないことで淋しい思いをしても
相手は理解できない。たらーっ(汗)

夫が心の触れあわない人だったとする。
奥さんが淋しいと言っても「俺くらい家にいるビジネスマンはいない」と
いうようなことを言う。ちっ(怒った顔)


心の触れあわない人とではどうしても話がすれ違う。
家にいるということは具体的に証明できる。

しかし自分が悲しみに沈んでいるときに明るく大きな声で見当違いの
自慢話をするやり切れなさは、なかなか説明できない。ふらふら

心の触れあわない人と結婚した人などが話し合いながらついに理解しあえないで
「そんなことを言っているのではない」と叫ぶ。


それは相手の「心」とか「気」とかいうことが問題のときである。
同じ言葉でも感情の伴った言葉か、感情の伴わない言葉かという食い違いであろう。

そしてこの言葉よりも根源的な感情の交流を通して人の関係は深まる。
そうしてお互いにかけがえのない人になる。わーい(嬉しい顔)

だから必ずしも長年連れ添った夫婦が気持ちの上で最も親しい人ではない。
お互いに言葉の交換しかしていないのである。


そんな夫婦が熟年離婚をする結果になる。
熟年離婚をする夫婦は実は長年にわたって仮性コミュニケーションを
してきただけなのである。

つまり表面的にはコミュニケーションが行われているように見えるが、
心の深いところでの触れあいがない。どんっ(衝撃)

この世の中には自分と全く違う人がいる

a0782_000805_m.jpg

苛められる人は対立を恐れる


苛める人は誰でも苛めるわけではない。
苛める子供は特定の弱い、防衛できない子供を苛めのターゲットして選ぶ。

自分が苛められていると自覚した時には、自分がなぜターゲットとして
選ばれたかと考えることである。exclamation

自分の中の何が相手をその気にさせたのかということである。
それを本気で反省しないと死ぬまで苛められる。
いや苛められることで死んでしまう。どんっ(衝撃)


苛められる人は対立を恐れる。
対立を恐れるものは、相手に飲まれる。

全部食べられてしまう。
苛められる人は自分を守ろうとしているのだが、実は自分を守っていない。

苛められる人は、相手の好意で自分を守ろうとしている。
しかし苛める人には、好意はない。むかっ(怒り)


苛められる人は、こちらが武器を捨てたら相手はやさしくしてくれると思う。
こちらが武器を捨てたら、相手はこちらをいい人と思ってくれると思う。

そして武器を捨てる。
しかし武器を捨てたら苛める人はやさしくはしてくれない。exclamation×2

骨までしゃぶられる。苛められる人は、こちらが武器を捨てたら相手は
やさしくしてくれるといういつもの自分の気持ちで相手を推測しているのである。


苛める人はこちらが武器を捨ててもいい人とは思わない。手(パー)
苛められる人は丸腰になって、自分をさらけだして、仲良くなろうと言っている。

しかし、苛める人は仲良くなりたくない。
ストレスを解消したい。苛めることで心を癒したい。ドコモポイント

一人でも生きていける苛める人と、一人では生きていけない苛められる人の違いである。
苛める人は相手を支配しに来ているのに、苛められる人は仲良くなろうと
いうのである。

自分とは全く違う人がこの世にいる、ということに気がついていない。ひらめき

人が本当に幸福になるということは、そんなに生易しいことではない

a0003_ki_0045_m.jpg

スキャンダルを追いかける人の心の底


人の不幸を願うことは卑しい
しかし自らの心の不安を他人に優越することで解消しようとした人は、
人の不幸を願わざるを得ない。

人の不幸を願うというより、人の不幸を必要とするといったほうが
正しいかもしれない。

成功したり、幸せそうに見える人の不幸に対して、異常な関心を
人々が示すことが、何よりの証拠である。手(パー)


成功した人のスキャンダル、幸福そうな人の不幸な事件は、
心の救いなのである。晴れ

しかし自分がこのように卑しい人間だとは、誰も認めたくない。
それでそのことを隠すために、正義が登場する。

しかし他人のスキャンダル、不幸な事件はあくまでも一時的な
救いでしかない。exclamation


人が本当に幸福になるということは、そんなに生易しいことではない。
そのとき、そのときでいちばん心理的に楽なところに赴いていっては、
なかなか幸福にはなれない。あせあせ(飛び散る汗)

自分の心の不安に直面するということは、その時点で考える限り、
もっとも辛いことかもしれない。

しかし長期的に考えれば、それが本当の幸せになる道なのである。
他人がどうなるかということに、自分の幸福、不幸が依存していると
いうことは、心理的に不健全である。ふらふら


そして他人が不幸なときにはホッとし、他人が成功したときに
恨むというようなことは、その人が自分の人生を失っていると
いうことでもある。

他人がどうなるかに心理的に影響されるという生き方を
しているのでは、せっかくの人生は台無しである。雨

親といるときストレスでしかなかった

a1030_000056_m.jpg

親に気に入られようと迎合し、親に隷属する


子供にとって一番いいのは、親を好きであること。
二番目にいいのは、嫌いであるとき嫌いであると思えること。

最悪は、嫌いであるにもかかわらず、親を恐れて好きであると
思わねばならないことである、

親子未分化の家族の恐ろしさはここにある。
依存心の強い親は家庭一点張りの息づまるような愛を強調する。ドコモポイント


それは親自身が愛に飢えているのである。exclamation
したがって、そのような神経症的愛を強調する裏に、家庭を自分の
意のままにしようという支配の意図を隠している。

その意図については、親本人も目を背けている。
そのような家庭で子供は、心の底では親が嫌いである。

しかし親が嫌いであるという感情は、意志の力で無意識の領域に追いやられている。
兄弟も嫌いである。しかし兄弟姉妹仲良くというのが依存心の強い親の
命令であるから、その感情も抑圧される。どんっ(衝撃)


嫌いという感情がどんなに抑圧されていても、嫌いという感情がある限り、
同一化はうまくいかず、結果として自我の形成もうまくいかない。ふらふら

ちょっとしたことですぐに混乱してしまう。
電車がちょっと遅れたとか、相手が約束通りにこなかったとか、
何でもないことですぐにカーッとしたり、イライラしてしまう。ちっ(怒った顔)

いずれにしろ自我の未形成な人は、今からでも自分の好きな人と
付き合うようにすることであろう。


おそらく今までは付き合うべき人と付き合っていたのではないだろうか。
あるいは付き合うと得する人と付き合っていたのではないだろうか。exclamation&question

そして、それらの人を好きにならなければいけないと思っていたのでは
ないだろうか。

自我の脆い人は、まず無意識の領域においても好きである人と付き合うことである。
そのような付き合いを大切にすることである。ひらめき

芸能の仕事に能力を発揮する人 2017/12/10付

次男がまた警察沙汰を起こしたと報道(敬称略)


三田佳子 1941年10月8日


納音・・霹靂火
激しい雷のような波乱に富む。

命式・・バランスは悪い。

吉凶星・・文昌貴人、血刃、大極貴人、飛刃、華蓋。


四柱推命から分かること・・
理屈を好む。生意気で、言葉に刺があり、人をからかったり、
驚かすことを好む気質。

相当な自信家で、自分の才能を誇って軽く人を見たり、揶揄・軽侮する
癖があり、自分で世間を狭くする。
しかし、言うだけのことはやる有能な人物。芸能の仕事などに能力を発揮する。

人間性に強い偏りが出る。人生の重要な部分のどこか(例えば家庭運、子孫運など)に
非常に大きなダメージを負う傾向がある。
その一方では、仕事によって人気を博し、独自の境地を開くことも珍しくない。

人のことはあまり眼中にない。
関心事は、いかに自分が充実した人生を送るかに集中する。

ただ慕ってくる者に対しては面倒見がよく、親身に世話をする一面がある。
気は強く、外見は華奢で線が細そうに見えても、芯はしっかりしている。


姓名判断・・
本名:高橋嘉子
「外格」「地格」→栄誉と富を得る。人気運。
「天格」「人格」「総格」→投機で失敗、才能あれど内面的苦労が絶えない散財運。
→上記のことからお金は稼げても残らないのが分かる。
「五行」→大凶。財名あるも数理の凶は免れず。不平不満多し、病災あり。


姓名判断から分かる人物像・・
人当たりは良いがかなり自己中心的な面を持っている。
本心をなかなか表面に出さないが、物事を冷静に見つめるタイプで頭は良い。

上司の態度は部下に不公平だと心の底で感じている

a0002_002237_m.jpg

心の疲れはエネルギー消耗の合図である


バリバリ仕事をしている人もいれば、ちょっとのことをやっても
すぐに疲れてしまう人もいる。

その差がすべて心の葛藤というわけではない。
しかし、その重要な要因は、心の葛藤である。exclamation


対人関係で疲れるというのも、一つには心の葛藤が原因である。
疲れる人は相手との今の関係に、心の底では納得していないのである。

相手との今のあり方に心の底では不満であるのだが、その不満を
表現できなかったり、意識できなかったりする。

心の底では、もっと自分は相手に堂々としていていいと感じている。
心の底では、相手は自分に対してもっと礼儀正しく振る舞うべきだと
感じている。exclamation×2

相手はもっと自分の要求に従って動くのが当然だと感じている。
しかしその不満をどうしても表現できないし、ときにはその不満を
意識できない上司との関係でも、心ならずも従順になってしまう。ふらふら


上司の態度は部下に不公平だと心の底で感じている。
今の自分と上司との関係に、心の底では腹を立てている。ちっ(怒った顔)

なんで同僚のあいつはいつも雑用を頼まれないで、
自分だけ頼まれるのだと心の底で不満である。


こんな人間関係は、その人の心を緊張させるのである。
そのような人といると心理的に緊張している。あせあせ(飛び散る汗)

不満からくる心の緊張というのも、人を疲れさすものである。
この人のエネルギーは無駄に消耗されている。

この人はもともと他の人と違って、エネルギーがないというのではない。
この人は何事も成し遂げられないままで、自分のエネルギーを内的緊張で
消耗させたまでである。ひらめき

カウンセリング

a0001_000205_m.jpg

アンビシャス。の指針
「共感」と「傾聴」によるカウンセリング

 

@医者→薬を渡すのが仕事。病院
初診では多少話を聞いてもらえ良いと感じても2回目以降は、
ほんのわずかな話しか聞いてもらえず、不満足。そして病院を変える。

A占い師→占うのが仕事。サーチ(調べる)
悩み事がある時に頼る人が多いが、占い師も結果を伝えるのに話す。
質問に答えてはくれても話を十分聞いてもらえず、不満足。


@、Aとも足りないのは徹底して話を聴いてあげる姿勢。耳
心が病んでいる人や悩み事がある人には、徹底して話を聴く姿勢が大切で
1時間でも2時間でも聴いてもらえればそれだけで心は軽くなります。
アンビシャス。は、「共感」と「傾聴」のカウンセリングを心がけています。

1日に何名もの相談者とお話はできません。
お一人、お一人丁寧に、時間を共有したいと考えています。わーい(嬉しい顔)