NOTICE

a0008_000171_m.jpg         

CLOSED NOW 犬

Have a nice weekend わーい(嬉しい顔)   


心が不安だから、自信がないから、つい強気を装ってしまう。
そんな、自分を追い込む生き方は止めよう。
もっと素直に、ありのままの、あなたの人生を築くためのカウンセリング 

 

本気で人生を好転させたい人のみお受け致します。
お金を頂いてもお力になれない方はお断り致します。

 

一度に色々なことを相談したい方向け(対面カウンセリング) 次項有
あなただけの時間
3時間3万円


地方のお客様向け(電話カウンセリング) 次項有
1カ月5万円コース
総時間20時間(1日2時間として10日分)前払いでお受けします。
1カ月で使い切れない場合、翌月へ持越し可能。
総時間10時間2万5千円コースもあり。


良い人生は良い名前から 次項有
赤ちゃん名付け
30000円
前払いでお受け致します。
遠方でもメールのやりとりでOK。
お振込後、約5日お時間頂きます。


芸名・改名
30000円 プラス カウンセリング料4000円
こちらも前払いでお受け致します。
遠方でもメールのやりとりでOK。
お振込後、約5日お時間頂きます。

 

一般的な人生相談
電話カウンセリング90分3000円 or  180分5000円 後払いOK
対面カウンセリング120分5000円 

振込口座:
三井住友銀行 調布駅前支店
普通 1153106
アンビシャス イワタヒロヨシ

具体例@
離婚相談(夫が浮気をした、家を突然出ていった等々。情緒未成熟、あるいは神経症者の
行動は理解に苦しむもの。その悩みを抱える奥さんもまた情緒未成熟、神経症である場合が多い)

具体例A
子育て相談(子供の相談をしてくる親には、当人の情緒未成熟による場合もある。
しかし当人は自分は優しい親だと錯覚していたりする。子供の成長とともに自分自身が
成長することによって現実は変わらなくても気持ちの持ち方は変わってくる)

具体例B
性に関する相談(セックス依存症は心の空虚さからくる場合も多い。
心の隙間を埋めようと愛情もなく誰とでも寝てしまう。心の空虚さからの現実逃避)

ギャンブルにのめり込むか、酒に溺れるか、薬物依存、どれも心の空虚さからの現実逃避。
精神が不安定になると女性は過食、拒食に走りやすく、男性は性的行動に出やすいと言われている。
ただ女性は自分を傷つけるが、男性は痴漢、盗撮といった行動に走りやすく刑事事件に
発展し、自分を傷つけるばかりか他人も傷つけ、仕事までも失うこともある。
そうなる前には必ず前兆がある。訳もなくイライラしたり、急に落ち込んだり、、。
人生を台無しにする前にカウンセリングをお勧めします。

 

仕事終わりに家から電話したくても家族がいて電話しにくい
40代、50代の方向けに次のプランを御用意いたしました。
愚痴聴きコース 3時間5000円
仕事終わりお酒でも飲みながらリラックスした状態でお話をお聞きします。
飲食代は御客様持ち。場所は御指定下さい。

 

今はお金を払って人に愚痴を言ったり相談する時代です。
感情を吐き出すだけで心がスッと軽くなります。揺れるハート
「共感と傾聴」のカウンセリングをお試しください。exclamation×2

闘争心を秘める人 2018/4/21付

体重オーバーによる王座剥奪(敬称略)


元WBC世界フライ級王者
比嘉大悟 1995年8月9日


納音・・釼鋒金
精神的にも肉体的にも鋼鉄のような強さを持つ。

命式・・バランスは悪い。

吉凶星・・天徳合、大極貴人、月徳貴人、劫殺。


四柱推命から分かること・・
一匹狼のタイプ。腕一本、実力ひとつで生きていく職業がよく、
組織内では埋没しやすい。

自分さえ満足できるならそれでいいといった個人主義者。
物の考え方が、全般的に否定的・刹那的なため、発展性が乏しいのが惜しまれる。

活動力が衰えていないときには、聡明で、少々のことでは動じない胆力があり、
よく戦術を練って、巧みに敵を倒すことに長じる。

義侠心、自分を貫く一徹さ、強い自負心なども目につく特徴。
また好んで危地におもむくような一面があり、挑まれた戦いは受けて立ち、
自らも攻めることを厭わない。

勇猛さがあり、権威・権力を好み、目的に向かって突進して、時運に乗じて
大発展する。

けれども、活動力が衰えると、うまく制御できず、人生をぶち壊す方向に誘導する。
粗暴さ、他を見下す横柄さが増してくる。

また伸びやかさに欠け、気難しさ、意固地さが目立つようになる。
考え方や行動にも、常識外れの部分が目立つようになる。

破壊衝動があり、自分で自分の人生をコントロールできず、
わざわざ運気を破壊するような生き方をする傾向が潜む。
酒色に溺れる場合も少なくない。

主役と脇役にたとえれば、脇役となって個性が光るタイプ。
無理に上に立つと、力不足からかえって苦境に立たされることがあるので、
自分の職分を守ることに徹したほうがいい。


姓名判断・・
比嘉大悟
「五行」→大凶。
過剛、偏狭、不和不測の災禍あり。争論を醸し不幸に泣く。遭難病厄多し。


姓名判断から分かる人物像・・
温厚な面とは別に闘争心を秘める。人の行動を気にせず安定した生活を求め
争いごとを好まない。虚栄心が強い。

心の奥にしまいこんだ自分の願望を表に出そう

空

人は案外、自分の本当の欲求不満には気がつかないものである


抑圧があると、昼間に怒りや悔しさなどのマイナスの感情を
経験することが多くなる。

つまり昼間の感情が上部構造だとすれば、抑圧はその下部構造である。
抑圧があるということは、その人が不信の人間関係の中で生活していると
いうことである。手(パー)

だから感情も出せない。あせあせ(飛び散る汗)
相手を信じられるからマイナスの感情を出せるのだから。


だいたい抑圧のない人は、マイナスの感情を体験することも少ないし、
信頼関係の中で生きているから、その少ないマイナス感情を昼間表現してしまう。

だから夜はぐっすりと眠れるのである。眠い(睡眠)
抑圧する感情は実にさまざまであろう。

例えば母への憧れを抑圧する人もいるかもしれない。
母なるものは人の心理的成長に必要である。

しかし現実の母親がその役割を果たすとは限らない。
現実の母親は冷たい利己主義者であるかもしれない。exclamation


もともと人を愛する能力を持ち合わせていないかもしれない。
そんな母親を持った小さい子供は、自分の中にある母なるものへの
憧れに気がつかないかもしれない。

子供は自分をしっかりと受け止めてくれ、ひたすらに受け入れてくれ、
やさしく包んでくれるものへの憧れに気がつかないで生きる。

少なくとも子供は母なるものへの欲求を満たされないままに生きる。
母なるものと接するということは、自分はこの世の何か大きなものに
しっかりとつなぎ止められているのだという安心感が持てるということである。わーい(嬉しい顔)


自分が本当に望んでいるのは、そのような母なるものとの出会いであるにも
かかわらず、それに気がつかないで、達成できない望みへの執着に苦しみ続ける。ふらふら

自分の中にある母なるものへの願望に気がつくことは、現実の母親を
否定することにつながる。

そこで自分の中にある母なるものへの欲求から目を背ける。
人は案外、自分の本当の欲求不満には気がつかないものである。

人は本当に満たされれば、神経症的不安からも解放される。晴れ

人を憎んでいても表面的には、礼儀正しく振る舞っている

不忍池

真面目に生活しながら、憎しみを抑圧している


悲劇の出発点は自分が自分を憎み、自分を軽蔑したことである。ドコモ提供
卑怯な人にしてみれば、相手をさげすみ、搾取し、あざ笑って、
それでいながら自己蔑視した人からは尊敬されるのであるからこたえられない。

これはカルト教団といわれる異常な宗教集団などで、
構成員と教祖の間で起きていることである。どんっ(衝撃)

自分のことを憎み、軽蔑した人は、自分にそのようなことをする相手を
立派な人だと解釈する。


しかし、彼等が考えるような立派な人は、その人の周囲にはいない。
立派な人は、その人から遠くにいる。

自分を憎み、軽蔑した人は他人を恐れている。
そして実は、他人を憎んでいるのである。むかっ(怒り)

人を憎むといっても表面的には礼儀正しく振る舞い、好意的でさえある。
しかし心の底では、具体的なある人を憎んでいる場合もあれば、
人生や世の中全体を憎んでいる場合もある。手(パー)


しかし、その憎しみは本人には意識されないことが多い。
真面目に生活しながら、憎しみを抑圧していることになる。

また、逆のこともいえる。exclamation
弱い人は他人を恐れているため、憎しみが自分へと向かう。
そこで、弱い自分を憎み、軽蔑してしまう。

弱い人間は相手に対して腹を立ててもそれを意識することが恐くて、
ついつい相手に良い顔をしてしまう。わーい(嬉しい顔)


弱い人間とは依存性が強いという意味である。
つまり相手を心理的に必要としているから、相手に怒りを感じても、
その敵意の感情から目を背け、抑圧してしまう。

自分が心理的に依存している人を憎むということがなかなかできないからである。
この矛盾した感情を意識から排除するのである。どんっ(衝撃)

自分が心理的に相手に依存し、相手を束縛しようとしている

a0810_000007_m.jpg

相手は、いつも自分と一緒にいたがっているわけではない


何となく自由でない。いつも何か干渉されているようで、
自由にできないと訴える人がいるが、そんな人は、自分自身が、
相手を支配しよう、所有しよう、束縛しようとしているのである。

そして、案外自分が相手を監視し、干渉していることに気がついていない。
相手の自由を許していないのは、自分なのだということに気づいていない。

相手は、自分の自由を許しているのに、自分は相手の自由を許していない。
そのことが、自分の気持ちを不自由にしているのである。exclamation


自分が心理的に相手に依存し、相手を束縛しようとしている。
ところが、自分が相手にそのようにしがみついているということに気がついていない。

相手は、いつも自分と一緒にいたがっているわけではない。
ところが、自分のほうは、一人で何もできなくて、いつも相手と一緒に
いたがっている。

それでいながら、この自分自身の依存心に気がつかない。
相手が、いつも自分と一緒にいたがっているような気持ちになる。ふらふら


その結果、何も一人で自由にできなくなる。
自由に一人でどこかに出かけたり、他の友人と楽しく遊びに行けなくなる。

こうなると、「お前に束縛されている」となって不満になる。
その不満をまたストレートにぶつけられなくて不機嫌になる。ちっ(怒った顔)

相手といると気づまりなのだけど、どうすることもできない。
不機嫌の引き金になるのは身近な人である。手(パー)


不機嫌とは自閉性なのである。
相手に心理的に依存し、相手を所有しようとし、相手に支配的になりながらも、
それを抑圧し、逆に自分が束縛されているような気持ちになる。あせあせ(飛び散る汗)

かといって、その束縛感を払いのけて、その人のそばを離れるという
わけにはいかない。なぜなら、その人を必要としているのは、束縛感を
覚えている心そのものだからである。ひらめき

親の期待通りに育つ子は問題が多い

梅と空

自分が何を望んでいるかも分からなくなる


うつ病者はたいてい成功しなければならないという重圧に苦しんでいた、という。
それは親からの期待である。親の期待を内面化して、自分も親の望む職業につき、
親の望む出世をしようとする。

自分の望みが、親の望みを内面化したにすぎないと本人は気がつかない。ふらふら
父親自身が望むような出世ができず、劣等感を持っている。

そして子供の成功で、その父親自身の憎しみを晴らそうとしている。
子供は親の期待を内面化して、自分もそうありたいと願う。


確かにこれでは子供が自己喪失するだろう。
つまり自分が何を望んでいるかも分からなくなる。あせあせ(飛び散る汗)

しかしこれだけのことで成功への努力以外はすべて意味がないように感じるだろうか。
そうではあるまい。

もう一つの条件は、実は子供は父親と同じようには望んでいない、と
母親が気づいていないということである。手(パー)


つまりせめて母親が子供の心を理解していれば、父親が子供に成功すること、
父親に従順であることを期待しても、子供はストレスから病んでいくことは
ないように思う。

父親は自分の望むような成功ができなかったので欲求不満になっている。
父親は生きている実感を失っている。それらのことのすべての解消を
子供で行おうとしていると、もし母親が分かっていたとする。

そして子供が父親に従順なのは父親を恐れているからである。
子供はもっとわがままに子供らしく生きたがっている、と子供の心を
母親が理解していたら、子供の自我は成長することができたのではないだろうか。exclamation&question


母親が「この子がわがままでないのは本心ではない」と子供の心を理解していたら、
子供は大人へむかって成熟していくことができたであろう。

ところが母親までが子供の心を理解してやれず、わが子が父親の言うままになるのを、
手がかからないなどと喜んでいる。

父親と一緒になってこの子はいい子だ、と言っている。
そんな時、子供の心は歪んでいくのであろう。ひらめき

人間は防衛的になることで、内面の強さは破壊される

a0002_005671_m.jpg

メンツを気にする


仲が良いように見えてばらばらの家庭というのがある。家
その成員というのは劣等感が強い。
つまり、防衛にばかりエネルギーをとられて、建設的なことにエネルギーが向かない。

例えば、自分達を他人の眼にとって偉大であると映るようにばかり
努力して、その他のことにエネルギーが向かない。

当然、友達ができない。家庭そのものが社会的に孤立してくる。あせあせ(飛び散る汗)
劣等感が強いから、他人と付き合って軽く見られないか、ということばかり怖れる。


人間は防衛的になることで、内面の強さは破壊される。爆弾
破壊されないまでも成長しない。

防衛的になることで内面の強さを育成することのできなかった人も、
年齢は三十歳になり四十歳になっていく。
すると、自分の内面の問題を癒着することで解決しようとするのである。


母子癒着にしろ、父子癒着にしろ、癒着するものは癒着することで
自分の内面の葛藤を解決しようとしているのである。exclamation

従って、劣等感は遺伝することになる。
防衛的になると、内面の強さは育成されない。衰えてしまう。バッド(下向き矢印)

例えば、メンツを気にする、ことである。
何かに挑戦しようとしても、もし失敗したら面目がなくなる。
そう怖れて挑戦しない。ふらふら

好きな人を何かに招待したい。しかし拒絶されるとメンツがつぶれる。
傷つくことを怖れて何もしないでいる。


あるいは見栄をはって無理をする。他人の眼に映るところに気を配る。
自分の経済力ではちょっと買えない高級品でも、無理をして買う。
他人の眼に自分が大きく映る為の顕示である。手(パー)

このようなことが、防衛的に生きる、ということである。
そしてこのように防衛的に生きることで、人間の内面の強さは衰え弱化する。

防衛的になると、活力のもとになるものが失われてしまう。
そして、大人になり親になり、今度は、その内面の頼りなさを子供に
癒着することで解決しようとする。どんっ(衝撃)

カウンセリング

a0001_000205_m.jpg

アンビシャス。の指針
「共感」と「傾聴」によるカウンセリング

 

@医者→薬を渡すのが仕事。病院
初診では多少話を聞いてもらえ良いと感じても2回目以降は、
ほんのわずかな話しか聞いてもらえず、不満足。そして病院を変える。

A占い師→占うのが仕事。サーチ(調べる)
悩み事がある時に頼る人が多いが、占い師も結果を伝えるのに話す。
質問に答えてはくれても話を十分聞いてもらえず、不満足。


@、Aとも足りないのは徹底して話を聴いてあげる姿勢。耳
心が病んでいる人や悩み事がある人には、徹底して話を聴く姿勢が大切で
1時間でも2時間でも聴いてもらえればそれだけで心は軽くなります。
アンビシャス。は、「共感」と「傾聴」のカウンセリングを心がけています。

1日に何名もの相談者とお話はできません。
お一人、お一人丁寧に、時間を共有したいと考えています。わーい(嬉しい顔)